観光タクシーの福祉車輌を利用して旅を楽しむ

様々な理由で車いすを利用されている方は、老若男女問わずたくさんいます。旅行に出かけたくても移動が不便で不安、そんなときにおすすめしたいのが、観光タクシーの福祉車輌です。バスや電車よりも断然便利な福祉車輌の利用について、車両タイプ別に紹介します。

まず、普段から自力あるいは少しの介助で車いすに座れる方の場合を考えてみましょう。足以外は動かせて車いすの乗り降りが可能なのであれば、回転シート型車両が向いています。このタイプの車両は、座席がドア方向に下がりながら回転するという工夫が施されています。これにより、車両と車いす間の動きが比較的容易になり、車いす利用者の移動労力が軽減されます。旅行計画後に足を骨折してしまった、またはリハビリ中である、そのようなときに利用することができます。車いす利用者だけではなく、車両の高低の段差に足がついていかない杖利用の方にも喜ばれるでしょう。

次に、就寝時以外は日常的に車いすを必要としている方についてはどうでしょうか。車いすの乗り降りや座席への移動介助が困難である場合は、車いす仕様車が便利です。この車両のメリットは、車いすから降りずにそのまま車両に乗り込めることです。車いす仕様車には、スロープ付きの車両と車いす昇降機付きの車両とがあります。介助者の状況や車いす利用者の体格などにより、使いやすい方を選択するのがよいでしょう。どちらの車両も、観光タクシーの専属ドライバーがサポートしてくれて安心です。車いすを折りたたむ手間が省けますので、介助者の負担がかなり小さくなります。足腰が弱ってしまった年配の方も、不安なく家族と一緒に旅行を楽しむことができます。

そして、車いす利用者と共に大人数で出かけるときも心配は要りません。観光タクシーでは、車いす昇降機が付いている福祉バスを運行しています。車いすに乗ったままバスに乗り降りできますので、時間厳守の団体行動でも余裕が持てます。町内会旅行や冠婚葬祭での親戚一同の移動など、様々な場面で非常に有用です。

最後に、車いすも使うけれど長時間座っているのが辛いという方も中にはいます。その場合には、ストレッチャー付き車両を利用してはいかがでしょうか。身体を横たえたまま車両に乗り降りできますので、長距離移動でも疲れません。少し離れた親戚宅に家族で顔を出したいときなど、気兼ねなく出かけることができます。

このように、観光タクシーの福祉車輌を上手に活用すれば、行動の幅は大きく広がります。移動の大変さを思い悩み、これまで旅行を我慢していた方には、是非とも使ってほしいサービスです。きっと、車いす利用者も介助者も満足して笑顔があふれる楽しい旅行になることでしょう。